広島の浄土真宗本願寺派 栢原山龍仙寺/納骨堂(永代に渡ってお守りいたします)

MENU

歎異抄(たんにしょう) 第三条

歎異抄(たんにしょう) 第三条


善人なをもて往生をとぐ、いはんや悪人をや。
しかるを、世のひとつねにいはく、悪人なを往生す、
いかにいはんや善人をや。
この条、一旦そのいはれあるににたれども、
本願他力の意趣にそむけり。
そのゆへは、自力作善のひとは、
ひとへに他力をたのむこころかけたるあひだ、
弥陀の本願にあらず。
しかれども、自力のこころをひるがへして、
他力をたのみたてまつれば、真実報土の往生をとぐるなり。
煩悩具足のわれらは、いづれの行にても、
生死をはなるることあるべからず。
あはれみたまひて、願ををこしたまふ本意、
悪人成仏のためなれば、他力をたのみたてまつる悪人、
もとも往生の正因なり。
よて、善人だにこそ往生すれ、
まして悪人はと、おほせさふらひき。

(歎異抄 第三条)

「善人は勿論往生できます。ましていわんや悪人が往生できないはずがありません。ところが世間の人は『悪人が往生できるのだったら、善人はなおのことである』と言っています。これはいかにも正当な考えのように思えますが、阿弥陀如来の御本願の心持ちに反しています」親鸞聖人のお言葉の中でも特に有名なお言葉のひとつです。悪人正機と言われる浄土真宗の基本を示す言葉です。

「善人が救われるのに悪人が救われないはずはない」。まず、ここでいう悪人、善人とはどういう意味かが大事です。
善人とは「自力作善の人」。すなわちお釈迦様の教えを守り、教え通りに善根功徳を積むことのできる人のことです。
悪人とは、お釈迦さまの教えに従って善根功徳を積むどころか、罪悪深重の生活から離れることが出来ないにもかかわらず、他力をたのんで浄土に往生したいと思う人のことです。
教え通りに善根功徳を積んだ人が往生できるのは当然のことです。当たり前のことです。全く問題はありません。しかし、そういう人は阿弥陀如来の本願のお目当てではありません。

阿弥陀如来の御本願はなぜ立てられたのか。誰を対象に起こされたのか。このことを熟慮してみると理解できます。
罪悪深重・煩悩熾盛の生活の真っ只中で苦悩しながらも救いを求めている人間、浄土を願い、阿弥陀如来の御本願に我が身を託そうとする人こそが阿弥陀如来のお目当てでありました。

自力作善の人、自分で善根功徳を積んでさとりにいたることができる人には阿弥陀如来のお救いは必要ないのです。罪悪深重・煩悩熾盛の生活の中で阿弥陀如来の御本願を信じてお念仏申し、浄土を願う煩悩具足の凡夫こそ阿弥陀如来のお救いより他に救われる道がないのです。そういう救われないものをこそ救わずにはおれないと立ち上がってくださったのが阿弥陀如来の御本願です。

阿弥陀如来のお浄土は、罪悪深重・煩悩熾盛の凡夫をたすけんがために建立された世界であり、そのために成就されたのが念佛法ですから、阿弥陀如来の御本願を信じお念仏申すものが救われてゆくことは至極当然のことだったのです。
その阿弥陀如来の御本願を聞きながらも自力に固執して善根を積んで仏のさとりに到ろうとするのは、阿弥陀如来の御本願を疑うことであり、阿弥陀如来におまかせする心がないためにかえって、自力の迷信に惑って往生の道を歩むことが出来ないのです。

そのような自力作善の人であろうともいつかは摂取不捨の本願力に摂めとられるに違いありませんが、他力をたのむ悪人は今すぐ往生をとげることができるのです。

「善人なおもって往生をとぐ、いはんや悪人をや」これが浄土真宗の要です。

煩悩具足と信知して
本願力に乗ずれば
すなわち穢身すてはてて
法性常楽証せしむ

ぼんのうぐそくと しんちして
ほんがんりきに じょうずれば
すなわちえしん すてはてて
ほっしょうじょうらく しょうせしむ

五濁悪世のわれらこそ
金剛の信ばかりにて
ながく生死をすてはてて
自然の浄土にいたるなれ

ごじょくあくせの われらこそ
こんごうのしんじん ばかりにて
ながくしょうじを すてはてて
じねんのじょうどに いたるなれ

「歎異抄 第二条(2)」を読む | 「歎異抄 第四条」を読む

聖典講座

浄土真宗本願寺派 栢原山 龍仙寺 TEL 082-281-4821

アクセス

〒 735-0004

広島県安芸郡府中町山田1-2-53

TEL:082-281-4821

詳細はこちらから

龍仙寺 納骨堂

お問い合わせ

聖典講座

龍仙寺前住職のブログ

龍仙寺住職のブログ

りゅうせん幼稚園

龍仙寺Facebook

Copyright © 浄土真宗本願寺派 栢原山 龍仙寺 All Rights Reserved.